定年後はタイへ移住するのが夢だ

定年まで残り数年となった今、いっそのこと東南アジアへ移住しちゃおうかと模索しています。

定年してから日本でダラダラと過ごすなんて嫌です。

かといって日本で裕福な老後生活を送れるほどの貯蓄なんてないし、
きっと毎日つまらない何もしない生活が待ってると思うとパッとしません。

そこで、物価の安いタイへ移住しちゃおうかと思ってます。

タイなら物価が日本の3分の1

ホントの理想を言っちゃえば老後の移住先として考えたいのはハワイです。

あの気候は最高ですね。

湿気も低く1年通して比較的過ごしやいですし、食事にも一切困りません。すでに日系人が多く暮らしているため日本食に困ることはないんです。

ただ、難点があってその1つが物価です。

ハワイは島ということもあり、めちゃくちゃ物価が高い。
ご飯食べても1食あたり1,000円はしちゃいます。

しかもチップ制だから実質的には1000円ちょっとですね。
もっと安く済ませることもできなくはないですが、
普通に外食しようと思えばそれ以上の金額を払う必要あります。

その点、タイなら食事はスゴク安い!!

節約しようと思えば1食あたり300円程度で十分です。
しかも、タイの食事は日本人にビンゴです。

少なくとも私にはタイ食はメチャクチャ美味しく感じます。

やっぱ老後での移住となると、食事はスゴク重要です。
美味しくて安いんだから文句なしですね。

タイ移住のためのビザ

本当にタイへ移住しようと考えたときに問題なのがビザです。

まさか観光ビザでタイと日本を行ったり来たりしてたら面倒だし
お金も余分にかかっちゃいます。

普通の観光ビザだと60日以内なら問題ナシですが
それ以上になると申請などすれば多少の延長はできるようです。
しかしそれだと少なくとも数ヶ月に一度はタイから外国へ出ないといけません。

理想はロングステイビザだね。

タイはリタイアメントビザというのがあって、
一定の条件をクリアすれば長期滞在が可能となってます。

条件的は50歳以上でそれなりの資産がある人です。

ちょっと面倒な手続きもありそうなのと、資産が微妙なところですが
安心してタイへ移住するならこのリタイアメントビザを取得するのが良さそうです。

もしタイへ移住したとしても、将来は日本へ戻ることになると思う。
やはり最後は福祉の充実してる日本が絶対に良いです。

そう考えると日本の家を処分せずに持ったまま移住することになるので
家の管理も誰かに頼むことにするのか、半年一度くらいのペースで帰国するのかですね。

きっとタイへ移住したとしても定期的に日本が恋しくなると思うので
今は格安航空券もあるし、お金と相談しながら日本とタイを行き来することになるんだろうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする